マッサージや整体に行っても改善できなかった方、腰痛・肩こり・頭痛、姿勢の歪みでお悩みなら天仁接骨院のオーダーメイドの『筋肉調整』×『骨盤調整』名古屋市東区相生町で肩こり・腰でお悩みの方は、天仁接骨院へ!

天仁接骨院愛知県名古屋市東区相生町79-1 第2足立ビル1階

天仁接骨院 本院

052-937-3771

天仁接骨院 都通院

052-721-3771

五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

五十肩

  • 腕を上に挙げることができなくなった。
  • 夜間に肩が痛くて眠れない。
  • ちょっと身体を動かすだけでも肩が痛い。
  • いままで肩を酷使したことがないのに痛みが出てきた。
  • 肩の痛みが痛みがだんだん増加して不安。
  • 40代以降になって初めて感じる肩の痛みである。
  • 病院で、四十肩・五十肩と言われたがどうしていいのかわからない。
  • 服の着替えの時に肩がものすごく痛い。
  • 肩が痛すぎてゴルフ、テニスなどができなくて困っている。
  • 肩の痛みがいつ治るのか不安になる。

名古屋市東区 天仁接骨院|五十肩・四十肩とは?

五十肩とは、およそ五十才代の方が肩関節周囲の加齢等の原因で発症する痛みのことをいいます。四十肩とも言われることがありますが、最近では六十代以降の患者さんが発症することも多く見られるようになりました。正式には肩関節周囲炎と言いますが、肩関節の構造が複雑なため、時代により定義が変動しています。腱板損傷や石灰沈着性肩周囲炎なども従来は五十肩に含めていましたが、現在では別の症状と捉えるようになりました。英語では五十肩をfrozen shoulderと表現し、凍結肩と訳されているのを散見します。症状を的確に捉えていてわかりやすい表現だと思います。

 

五十肩は肩関節の関節包などが固着して動かなくなり、痛みを生じる。

五十肩は、中年以降の肩関節周囲の関節包(関節を包んでいる組織)や滑液包(関節周囲の動きに関わる組織)などが、加齢とともに変化するために起きます。デスクワークなど普段の生活であまり肩の運動を伴わない生活をしている患者さんで多く見られます。原因のはっきりしないことも多いです。肩を頻繁に使っている人が五十代前後で同様の症状を呈することがあり、その場合は、肩関節のインナーマッスルである回旋筋腱板の損傷のことが多く、鑑別が必要です。また、代謝性の問題で肩関節を痛める石灰沈着性肩周囲炎という症状もあり、症状の確定ができるまでは整形外科などの病院の検査をしっかりと行うことをおすすめしています。

参考までに以前に投稿した天仁接骨院のブログをご紹介します。

肩の痛みの治療・五十肩と腱板損傷の鑑別|名古屋市東区 天仁接骨院
http://tenjinsekkotsuin.com/blog/archives/557

肩の痛みの治療・石灰沈着性腱板炎|名古屋市東区 天仁接骨院
http://tenjinsekkotsuin.com/blog/archives/560

 

五十肩は、初期症状がたいしたことがないと安心していると徐々に痛みが増加して、ちょっと動かしただけでも激痛が走るようになることがあります。肩の動きが少し悪いと思っているうちにみるみる痛みが増加してくることがあるので要注意です。検査では、前方から腕を上に挙げる(肩関節の屈曲動作)ことができても、横から腕を挙げられなくなる(肩関節の外転動作)のも典型的な特徴です。日常動作としては、痛みが激しくなってくると、服を着る、歯を磨く、髪を洗う、寝返り、トイレでの動作などあらゆる動作に支障をきたすようになります。大体の方が、普段あまり使わない左側の肩関節で好発しています。痛みの症状は早い人でも半年位はかかります。長引く人ですと一年以上かかってもまだ若干の可動域制限を残す方もいます。ですので、早期に治療を開始して的確なアドバイスのもとに養生を開始しないと大変です。

名古屋市東区、千種区の天仁接骨院の五十肩・四十肩の施術

五十肩・四十肩は初期の炎症期には安静にしますが、痛みが取れない時期が長い場合には、無理をしてでも運動療法を開始したほうが良い時期があります。また、肩関節周囲の姿勢などを改善するためにも猫背矯正や骨盤矯正もおすすめしています。一番いけないのが痛いからといってずっと動かさないことです。痛い時期を安静にしていると半年以上肩関節を動かさないことになり、余計に肩関節の回復を遅らせることになるからです。

名古屋市の天仁接骨院(東区、千種区)では、肩関節の機能解剖(筋肉、関節、神経、運動性など)に熟知したスタッフが患者様の五十肩・四十肩の症状、痛めた原因などを十分に問診してオーダーメイドの整体治療を行います。ですので、もしあなたが五十肩・四十肩の症状で苦しんでいましたら、当院へお越し下さい。心を込めて施術いたします。

天仁接骨院 治療の流れ

  1. 受付問診票をお渡しします。ご記入をお願いします。
  2. カウンセリングお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
  3. 検査実際にお体の状態を検査していきます。
  4. 施術状態や痛みに合わせて施術を行います。
  5. 施術方針の説明現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。
  6. お大事に!本日の施術は終了です。
    お大事に!

お問い合わせ・ご予約はこちら。052-937-3771

天仁接骨院へのアクセス情報

各院への詳細

駐車場案内

  • 第一駐車場
  • 第二駐車場

天仁接骨院 本院 052-937-3771

住所〒461-0012
愛知県名古屋市東区相生町79-1
最寄り駅高岳駅
定休日日曜日

天仁接骨院 都通院 052-721-3771

住所〒464-0077
愛知県名古屋市千種区神田町33-15
最寄り駅今池駅(徒歩6分)
定休日日曜日
  • 患者様の声
  • スタッフブログ