マッサージや整体に行っても改善できなかった方、腰痛・肩こり・頭痛、姿勢の歪みでお悩みなら天仁接骨院のオーダーメイドの『筋肉調整』×『骨盤調整』名古屋市東区相生町で肩こり・腰でお悩みの方は、天仁接骨院へ!

天仁接骨院愛知県名古屋市東区相生町79-1 第2足立ビル1階

天仁接骨院 本院

052-937-3771

天仁接骨院 都通院

052-721-3771

原因の分からない腰痛(非特異的腰痛)

こんな症状でお悩みではありませんか

原因の分からない腰痛(非特異的腰痛)

  • ずっと腰痛に苦しんでいるが原因が分からない。
  • 病院で検査しても原因がわからない。
  • 運動をあまりしていないが腰が痛い。
  • デスクワークが多く座っていると腰がつらい。
  • ずっと同じ姿勢を強いられる仕事で腰がつらい。
  • 仕事が忙しすぎて腰もつらい。

もしこのような原因が特定できない腰痛でお悩みでしたら、名古屋市東区、千種区の天仁接骨院・天仁鍼灸院・整体院へお越し下さい。

名古屋市東区 天仁接骨院|原因の分からない腰痛?

腰痛とは腰の周囲が痛い症状を指しますが、一言に腰痛といっても、ドクターの診察と理学検査(X線検査、MRIなど)ではっきりと原因が確定できる腰痛は”特異的腰痛”と言われ、腰痛の患者さんのうちの約15%しかいません。腰痛の症状を訴える患者さんのうち約85%は現代の医学的な検査方法では原因がわからない腰痛であり、”非特異的腰痛”というカテゴリーに入ります。

例えば、ぎっくり腰(急性腰痛)の場合ですと、経験された方はご存知かもしれませんが、猛烈な痛みを生じるため一時的に普通の生活動作すらできなくなります。しかし、ぎっくり腰は、X線映像検査で全く問題がない場合が大部分です。

さらに高度な検査が可能なMRI検査(MRI=Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置)を行なったとしても痛みの原因をほぼ特定できないのが現状です。

ですから、だいたいの方の腰痛はこの”非特異的腰痛”に分類され、検査を受けてもなんの問題もないと診断されてしまう可能性がある痛みです。もちろん数多くのドクターもそういった大多数の腰痛患者さんの存在は熟知していますが、今の健康保険制度や医療体制ではなかなか有効な手段を提供できていないと言わざるを得ません。

”特異的腰痛”に分類される傷病は、腰部椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症圧迫骨折が多く、悪性腫瘍、内臓疾患などの病気もこれに当てはまります。これら検査で引っかかる腰痛はかなりの重症と言えます。

名古屋市東区 天仁接骨院|腰痛を未病のうちに芽を摘む天仁接骨院の考え方

”未病”という言葉をご存知でしょうか?
未病とは健康と病気の境界領域の状態を言います。腰痛も未病のうちから芽を摘むことができたらとても良いですね。

天仁接骨院・天仁鍼灸院・整体院(名古屋市東区、千種区)では、骨盤の歪みや股関節の可動性、骨盤周囲の筋肉の左右差などを中心に評価することで、腰痛になる未病の状態の評価や手技治療による改善を得意としております。

腰痛になる前の未病の状態でも身体に出ているたくさん警告反応があります。

  • 長時間のデスクワークで腰のだるさを感じる
  • 長時間の運転で腰がだるい
  • 長時間の前かがみ姿勢で腰が重い
  • 繰り返し重量物を持った仕事をしており腰がだるい
  • 繰り返し腰を曲げ伸ばしする仕事をしており腰がしんどい
  • 育児で前かがみ姿勢をする際に腰が痛くなってきた
  • 介護で前かがみ姿勢をする際に腰が痛くなってきた
  • スポーツでかがみ姿勢をすることが多く腰が痛くなってきた
  • スポーツで急激な腰のスイングをしてから腰が重い
  • 上の作業でお尻のあたりにも痛みが出てきた
  • 上の作業で股関節の痛みが出てきた
  • 上の作業でふくらはぎの外側に痛みが出てきた

上記の状態は人によっては腰の痛みを感じている人もいますし、感じていない人もいます。これは、痛みに対する感受性が人によって異なるために起こることです。普段の生活でじわじわと痛みが増していく腰の痛みは意外と我慢できてしまい、気づいたときにはひどい状況になっている場合があります。

我慢している時も、実はいろいろな可動域検査や圧痛点(押すと痛いところ)があります。天仁接骨院・天仁鍼灸院・整体院(名古屋市東区、千種区)では、そのような普段気づかないでいる変調を見つけ出し、未病のうちに芽を摘み取る施術を行います。

もちろん、痛めてしまってからでも大筋の施術の考え方は変わりません。腰周囲の関節可動域の変化を正す。圧痛点を施術する。筋肉の左右バランスを取る。といった基本に忠実な施術を行っております。さらに根本には姿勢の改善という問題があり、一時的にでも良い姿勢へ改善できれば、腰痛は改善すると基本的には考えています。

原因のわからない腰痛に用いる手技治療:天仁接骨院 名古屋市東区、千種区

当院(名古屋市東区 天仁接骨院本院・整体院)の施術総数はおよそ17万件(H28年まで)あり、そのうちもっとも多いのは腰痛に関連する患者様です。ですので、腰痛で不安があれば是非早めに当院(名古屋市東区、千種区 天仁接骨院・天仁鍼灸院・整体院)へお越し下さい。原因のわからない腰痛に対して用いる手技治療を以下に説明します。

①筋・筋膜リリーステクニック 

硬くなった腰部、骨盤周囲の筋肉と筋膜の滑走を改善するテクニックです。

②整体術 

主に背骨・骨盤矯正を中心に行います。

③カイロプラクティック

米国版の背骨・骨盤矯正です。

④はり治療

しつこい腰の痛みに適用します。

⑤電気針治療

慢性腰痛の改善などで刺した針と針の間に低周波を流して治療します。

⑥きゅう治療

主要な腰痛のツボを狙ってきゅうを施します。

⑦AKA博田法

主に仙腸関節の不具合を改善するために用います。とても重要な手技です。

⑧操体法

ボキボキパキパキが苦手な方に行います。

⑨トリガーポイント療法

関節可動域や痛みの改善を観察しながら、トリガーポイントと呼ばれる急所のツボにアプローチします。

 

その他に各種電気治療器も充実しています。低周波治療器、干渉派治療器、中周波治療器、超音波治療器や、最新治療機器としてハイボルテージ治療器、コンビネーション治療器などがあります。

腰痛に悩まれる患者さんの最も多い心配は、現在の症状がどのような状態で今後どのようになるのか?、どれくらいで治るのか?という点です。

そのような患者様の心配にお答えするためにアフターカウンセリングを行い、腰痛を改善するための日常における健康アドバイス、運動指導も行います。

天仁接骨院 治療の流れ

  1. 受付問診票をお渡しします。ご記入をお願いします。
  2. カウンセリングお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
  3. 検査実際にお体の状態を検査していきます。
  4. 施術状態や痛みに合わせて施術を行います。
  5. 施術方針の説明現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。
  6. お大事に!本日の施術は終了です。
    お大事に!

お問い合わせ・ご予約はこちら。052-937-3771

天仁接骨院へのアクセス情報

各院への詳細

駐車場案内

  • 第一駐車場
  • 第二駐車場

天仁接骨院 本院 052-937-3771

住所〒461-0012
愛知県名古屋市東区相生町79-1
最寄り駅高岳駅
定休日日曜日

天仁接骨院 都通院 052-721-3771

住所〒464-0077
愛知県名古屋市千種区神田町33-15
最寄り駅今池駅(徒歩6分)
定休日日曜日
  • 患者様の声
  • スタッフブログ