ぎっくり腰でお悩みの方は名古屋市東区 天仁接骨院へ。名古屋市東区相生町で肩こり・腰でお悩みの方は、天仁接骨院へ!

天仁接骨院愛知県名古屋市東区相生町79-1 第2足立ビル1階

天仁接骨院 本院

052-937-3771

天仁接骨院 都通院

052-721-3771

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

ぎっくり腰

  • 朝顔を洗っていてぎっくり腰になった
  • ぎっくり腰になって何もできなくて心配
  • 重いものを持ってぎっくり腰になった
  • ぎっくり腰で仕事ができない
  • 整形外科で問題ないと言われたがものすごくつらい
  • ぎっくり腰で寝返りもうてない
  • くしゃみをしたらぎっくり腰になった

名古屋市東区 天仁接骨院|ぎっくり腰は突然なるものではなく、兆候やサインがあります!

ぎっくり腰は突然になるものではなく、兆候やサインがあります。

  • デスクワークが多くでいつも腰が痛い
  • 車の運転が多くいつも腰が痛い
  • 前かがみ姿勢での立ち仕事が多くだんだん腰が痛くなる
  • 疲れがたまっており、腰が重い
  • 運動、ストレッチをほとんどしていない
  • 運動が嫌い
  • 冷え性で手足が冷たい
  • 作業場が寒く、お尻のあたりまで冷たくなる
  • 仕事はデスクワークで休日にゴルフへ行く
  • 仕事はほとんど身体を動かさないが休み中にハードなスポーツをしている
  • 椎間板ヘルニアと言われたことがある
  • 分離症、すべり症の診断を受けたことがある

これらに当てはまるものはありませんか?当てはまる方は、ぎっくり腰になりやすい兆候が出ています!!

ぎっくり腰になる時に

  • ちょっと腰を回したらぎくっとなった
  • くしゃみの時に腰が痛くなって動けなくなった
  • 朝の洗顔中にぎっくり腰になり歩けなくなった

というお話をよくお聞きします。

しかし、くしゃみや洗顔やちょっとした動作がぎっくり腰の原因ではありません。ぎっくり腰になる患者様には、もうすでにぎっくり腰になるべくしてなるほどに腰痛の症状が進んでいるのです。

名古屋市東区 天仁接骨院|そもそもぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は急性期腰痛とも言われ、以下のような①筋肉を痛めた場合②関節を痛めた場合③椎間板を痛めた場合などに分類されています。基本的にはいずれの場合も、腰周辺の血流が悪くなって起こります。血流が悪くなる要因としては、急激な運動や運動不足で腰部に過度な荷重がかかって筋肉の凝り(筋スパズム)できていたり、筋と筋膜の滑走が低下している場合などに起こります。

①筋肉を痛めた場合

筋肉を痛めたぎっくり腰は、筋・筋膜性腰痛と言われます。腰周囲の筋肉とその筋肉を包んでいる膜状の筋膜を痛めた症状です。

②関節を痛めた場合

椎間関節症
腰椎と腰椎をつないでいる関節を椎間関節といいます。この椎間関節に過度な外力が加わり、椎間関節を痛めます。腰をねじったり、横に傾ける動作が関節の構造上負担がかかり、周りの靭帯、関節包を痛めて痛みを生じます。椎間関節には痛覚刺激に敏感な神経があると言われており、かなり痛みに対して過敏なところです。

仙腸関節症
仙腸関節とは骨盤(腸骨)と仙骨をつなぐ関節のことです。この仙腸関節は靭帯や関節包により強固に固められておりますが、椎間関節と同様に痛みに敏感な神経組織の密度が高いです。殆ど動きのない関節ですが、急激な捻じれや持続的な仙腸関節へのストレスで痛みを生じます。女性の生理や出産の前後での腰部痛や、書道、カルタ取りなどの独特な前かがみ姿勢、バスケットボールなどの素早い後方へのパスなどの症例がみられます。

人体の後ろからみた骨盤周囲。

 

③椎間板を痛めた場合

椎間板は、腰椎と腰椎の間にサンドイッチ状に挟まれているゼリー状の組織です。前かがみ姿勢や腰のねじれの際に椎間板に過度なストレスがかかると椎間板を痛めます。ひどい時は椎間板ヘルニアと言って椎間板の一部が飛び出してしまい場合によって周囲の組織や神経を圧迫して痛みを生じます。椎間板ヘルニアはスポーツなどの過度な運動によって生じることがありますが、意外とデスクワーク中心の運動不足の方にも多いのが特徴です。運動不足ですと腰椎周りを支える筋力が低下し椎間板の負担が大きくなります。

人体の前からみた骨盤周囲。
(椎間板は骨に比べて柔らかいので、急激な外力、持続的な外力で図のようの飛び出してしまい、椎間板ヘルニアになります)

名古屋市の天仁接骨院(東区、千種区)では、ぎっくり腰の機能解剖(筋肉、関節、神経、運動性など)に熟知したスタッフが患者様のぎっくり腰の症状、痛めた原因などを十分に問診してオーダーメイドの整体治療を行います。

天仁接骨院(名古屋市)のぎっくり腰の施術

名古屋市の天仁接骨院(東区、千種区)では、腰痛の患者様に対する臨床経験と実績が豊富にあります。ぎっくり腰の患者様の状態にあわせた施術や養生の仕方、ぎっくり腰クセのつかないようにするための健康アドバイスなどを行っています。当院(天仁接骨院:名古屋市東区、千種区)では、その人に症状や目的に合わせたオーダーメイド整体という方法があり、この方法で治療をすることをオススメしています。
人それぞれにより、やり方が違うのですが一部その施術方法をご紹介します。

①痛めた腰以外の周囲の筋肉にアプローチ

意外に思われるかもしれませんが、当院(天仁接骨院:名古屋市東区、千種区)では、痛めてすぐに施術を行います。原則、ぎっくり腰などの急性期腰痛は、安静、患部のアイシングを行うのが普通ですから、施術を行って大丈夫?と思われる方もいるかもしれません。しかし、ぎっくり腰の原因が周囲の筋バランスや関節の歪みから生じていることから、周囲の歪みに早期からアプローチしていきます。特に骨盤周囲の大殿筋という筋肉にアプローチを行います。そうすることで、身体全体のバランスが取れるため、姿勢の改善などが進み、結果として症状を軽減させることができます。多くの患者様で実績のある天仁接骨院(東区、千種区)の独特の手法で早くなんとかしたいとか仕事を休むことができない方などにでおすすめしています。もちろん、症状がひどくたとえ周囲の筋肉であっても、患部の炎症が拡大しそうな場合や骨折などの他の原因が考えられる場合には、安静、アイシングの選択となります。

②はり治療

痛みがひどい急性期腰痛の鎮痛効果はよく知られています。当院(天仁接骨院:名古屋市東区、千種区)でもぎっくり腰などで痛みのひどい方にははりでの治療をおすすめしております。

③テーピング、固定、松葉杖

また、症状にあわせてテーピングやサラシ巻固定、腰痛ベルト、松葉杖なども用いて日常生活の疼痛の軽減を図ります。

天仁接骨院 治療の流れ

  1. 受付問診票をお渡しします。ご記入をお願いします。
  2. カウンセリングお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
  3. 検査実際にお体の状態を検査していきます。
  4. 施術状態や痛みに合わせて施術を行います。
  5. 施術方針の説明現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。
  6. お大事に!本日の施術は終了です。
    お大事に!

お問い合わせ・ご予約はこちら。052-937-3771

天仁接骨院へのアクセス情報

各院への詳細

駐車場案内

  • 第一駐車場
  • 第二駐車場

天仁接骨院 本院 052-937-3771

住所〒461-0012
愛知県名古屋市東区相生町79-1
最寄り駅高岳駅
定休日日曜日

天仁接骨院 都通院 052-721-3771

住所〒464-0077
愛知県名古屋市千種区神田町33-15
最寄り駅今池駅(徒歩6分)
定休日日曜日
  • 患者様の声
  • スタッフブログ